病気の種類から探す

腎臓の病気

一覧に戻る

透析中のだるさ

腎臓は、体内の毒素を尿から排泄するという働きを持っています。ところが腎臓の機能が悪くなると、体内に毒素がたまり血液が汚れてしまいます。そのまま放置しておくと尿毒症になる可能性もあります。そのため、腎臓の役割を機械(透析器)で代用する透析が必要になります。これが血液透析(HD)です。

あるいは、おなかの中に入れた透析液に血液中の汚れを取り除かせる方法の腹膜透析(PD)もあります。

透析による短期的な合併症 透析不均衡症候群

腎臓は一日中働いて少しずつ血液をきれいにしますが、機械で行う場合はそうはいきません。

短時間で血液をきれいにするため、その変化に体がついていかず以下のような症状が出やすくなります。

主な原因は、血液の酸化と血圧の低下です。

 

体のだるさ、頭痛、血圧の変動、吐き気、けいれん、生あくび、筋肉のけいれん、眠くなる、顔面蒼白、ドキドキする、腹痛、冷や汗が出る、息切れ、目がかすむ、意識低下、吐き気

長期的な合併症

1 心不全

透析患者さんは尿が十分に出せないため、水分や塩分が体にたまります。そのため血液を循環させる心臓には、大きな負担がかかります。透析後急に血圧が下がることも、心臓には負担です。また透析患者さんは動脈硬化が進みやすい状態にあります。透析患者さんにとって重篤な合併症の一番は、心不全です。

肺に水がたまると、肺水腫をおこすこともあります。

 

2 感染症

また透析を行っている人はどうしても細菌に対する抵抗力が弱くなり、感染症を起こしやすくなります。透析患者さんの重篤な合併症の二番目は感染症です。

感染症を起こすと、以下のような症状が出やすいです。

 

だるい、食欲がない、熱が出る、シャント部が赤くはれる・痛い、風邪を引きやすい

 

3 かゆみ

透析に関係なく、腎臓が弱るとデトックス(解毒や排毒)がうまくいかず、体に不要なものが溜まりやすくなります。体に不要なものを溜めると、かゆみが出やすいです。

腎臓が弱った人、肝臓が弱った人、糖尿病の人、アトピー性皮膚炎の人、みんなかゆみが出やすいのは、体の中に不要なものをたくさん溜めているせいです。

そのため体に負担をかけない方法で、積極的にデトックスするとかゆみは改善します。

 

解決策について

透析中のだるさやかゆみは、漢方、健康食品、クリームなど複数の解決策を組み合わせることで症状が大きく軽減することがよくあります。

実際に解決に結びついた方々の体験談を以下にご紹介します。

漢方の服用や、クリームの使用によるお客様の声

お客様の声 透析後の辛さが改善 70代 女性

ご家族からの相談です。70代の義理のお母様は、2日に一回のペースで何年も透析を行っておられます。毎回透析直後は血圧が急に下がり、意識がなくなったことも何度もありました。その辛さはお義母様いわく「こんなにしんどいなら(つらいなら)、透析やめて死んだ方が楽」と、話されているほどでした。

ご家族としてはどうにかしてあげたいものの、どうすることもできませんでした。

ご相談いただき、お勧めの商品をご紹介しました。

 

それはもちろん毎日飲む方がいいですが、透析前には必ず飲むと、透析後の辛さが楽になるものです。

お客様は早速奥様に「透析前に飲むと、お義母さんが楽になるよ」と伝えました。ただお義母様が「治療前に何か飲むことは心配」と話されたので、まずは透析のない日に飲んでいただきました。すると初めて飲んだ翌日に透析を受けたお義母様から「全くしんどくなかった。本当に嬉しい!!!」と喜びの連絡がありました。「透析の日に、うつみたいに落ち込まなくてすむので助かるわ」とも話され、とても喜ばれたそうです。

お客様の声 透析後のだるさが改善 60代 男性

60歳の男性は、透析を始めてから10年が経ちました。糖尿病を10年以上放置し、糖尿性腎症のため腎不全になり、ついに人工透析になってしまいました。

週に3回、1回4時間の透析を、大変きつく感じています。でもこれにはまだ慣れました。

どうしても慣れないのは、透析後の倦怠感です。体がふらふらになり、何もできません。

どうも困ったものでした。

この方にもお勧めの商品をご紹介したところ、透析後のきつさが取れてきました。昼間に透析を行っても、ちょっと休憩するだけで仕事ができるようになりました。

また透析中のこむら返りも大分減りました。こむら返りに漢方をいつも常備していましたが、この頃はほとんど飲まなくてもすむようになりました。

お客様の声 尿量が増加し、腹膜透析の回数が減少 50代 男性

透析歴は12年になり、日に3回腹膜透析を行っておられたお客様です。

むくみやだるさ、すぐに息が上がってしまう、などの症状がありました。

お勧めした商品を飲んでいただいたところ、むくみもだるさも、息が上がってしまう症状も改善しとても喜ばれました。

1日に400mlだった尿量は1200mlとなり1日3回行っておられた腹膜透析は、2回ですむようになりました。

 

お客様の声 毎日のだるさやめまい、かゆみが改善 50代男性

8年ほど透析をしている方です。お勧めしたものを飲んでいただいたところ3~4日して朝の目覚めがよくなりました。

10日ほどすると、透析後のふらつきがなくなりました。

かゆみもすっかり楽になり、とても喜ばれました。

漢方やクリームの入手方法について

簡単な症状をおうかがいして、漢方やクリームをご紹介します。
ご紹介する商品は特に煎じる必要もなく、病院の薬とも併用できます。
透析後の辛さや合併症でお悩みの方は、是非ご相談ください。

相談お申し込みフォーム

◆基本情報

お名前
ふりがな
年齢
性別
身長 cm
体重 kg
住所

メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
電話番号
※もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
※携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
FAX番号

 

◆問診票

お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

今回ご相談なさりたい病気や症状
今まで何か大きな病気を
なさったことがありますか?

もしある場合は、その病名と時期を教えて下さい。
今あるつらい症状は
いつ頃からですか?
日頃から
例)2019年 1月 2日頃から
何か薬をお飲み(お使い)ですか?
もしもお飲み(お使い)の場合は、薬の名前、もしくは記号や番号、そして飲み方を教えて下さい。
具体的なご相談内容

このページを閲覧した方は、こちらの商品をチェックしています。

表示するエントリーがありません。

お問い合わせはこちら