薬剤師のご紹介

ごあいさつ・プロフィール

すずらん薬局 代表薬剤師 松井啓子 ごあいさつ・プロフィール・開局理由

ごあいさつ

数あるホームページの中からすずらん薬局を選んで下さってどうもありがとうございます。

すずらん薬局の開局に至るまでは、私自身いろいろな気持ちの変化がありました。 今はこの仕事を選んで本当に良かったと思っています。

 

私は病気を治すためには西洋医学、東洋医学、民間療法、心理療法、今のその人の状態に必要であれば、良いものは全て取り入れる方が良いという考え方です。 けれども残念ながら、多くの慢性病に対して西洋医学単独の治療や薬(化学薬品)は本当の意味で効果がある、つまり体を良くしているとはいえません。 現在難病といわれる病気が増え続けていますが、これもあくまでも西洋医学においては治すのが難しいというだけで、決して治らない病気という意味ではありません。

 

全ての病気を治していくのは薬ではなく自分が持つ自然治癒力であり、それを引き出すのは食事、心の持ち方、睡眠などを含めた生活習慣だと思います。ですから病気を治そうと思えば、まず生活習慣を見直すことが何よりも必要ですし、軽い症状ならそれだけで十分良くなる可能性があるでしょう。 ただそうはいっても、忙しい現代人はなかなか完璧に生活を変えることは難しいです。

でもつらい症状からは、少しでも早く抜け出したいです。

 

すずらん薬局では、自然治癒力の向上を少しでも助けるために体に負担をかけない漢方薬、漢方食品、健康食品を中心に取り扱っています。 しかも私や家族が実際に使っていたり飲んだりしているもの、あるいは必要になった時は飲みたいと思う物だけをお勧めしています。 お客様に対しては、「もしもその方が私の家族だったら何を勧めるだろう、どんなアドバイスをするだろう」と考えて実行しています。

又、単に飲むのではなく、その方に合った食事、そしていろいろなお手当の方法もアドバイスできます。 少し面倒かもしれませんが、治療効果はぐっと高まりますし、お金もそれほどかかりません。

 

お客様からご相談いただいた場合、多くは働きの違う2~4種類の併用をご紹介します。 それはたとえ同じ病気の方であっても、状態によってお勧めする物は違ってきますし、その中で必要な順番も違います。少しでも早く良くなりたい、効果を出したいと思われる場合はそれらを全てお使いになる方が良いと思います。反対にゆっくりで良い、あまりたくさんは飲めないという場合は、その中からできる範囲でお使い下さい。

 

多くの場合、ずっと同じ物を同じ量続けていく必要はなく、良くなってきたら量や種類を減らしたり、飲まなくてもよくなります。(一生飲み続けなくてはいけないようなものはありません)

 

たとえ値段が安くても何の効果もなければ無駄になりますので、「単に体に良いから、良い商品だから」ではなく、あくまでもその方に合った物をご紹介します。 雑誌やテレビ、インターネット等の情報にふり回されて時間とお金をかけて、体にマイナスのことをしている方がとても多いのは、残念なことです。

 

どんな方法でも、人によって効き方や合う合わないは違います。 何かわかりにくい点、不安に思うことがございましたら、遠慮なくおたずね下さい。

 

ご相談いただくのに一番良いのはやはりご来店いただくことです。予約制にはしておりませんので、他のお客様がいらっしゃる場合はお待ちいただくことがございます。また不在のこともございますので、なるべく事前にご連絡ください。 お客様に直接会ってお話をうかがうことで、わかることがたくさんあります。

 

ご来店の次にお勧めの方法が電話です。 この場合も、直接お話をすることでわかることがあります。 どうしてもお時間がない場合は、メールでご相談下さい。 お返事まで多少時間がかかることもありますがご了承ください。

ご相談お待ちしております。

薬剤師プロフィール

すずらん薬局 代表薬剤師 松井啓子


・京都薬科大学卒業
・卒業後、大阪の薬局で勤務したのち渡英
・ロンドンで英語を学ぶかたわら、日本語を教える資格を取得
・語学学校や家庭教師で、主にロンドン在住のビジネスマンに日本語を教える
・帰国後は大阪の薬局で、管理薬剤師として勤務
・2000年 漢方相談中心のすずらん薬局を開局
・健康福祉新聞「いきいきライフ」に、5年間にわたって健康記事を連載
・雑誌「健康プラス」にも記事を連載
・カルチャーセンターで漢方についての講座を担当したり、薬局や薬店さんに20年以上にわたって、毎年数回講演を行っている。
・関西を中心に、100件程度の薬局や薬店で作っている「OTCカウンセラーの会」の会長を1998年の発足以来務めている。
・来店や電話、メールなどで今までにのべ12万人以上の様々な健康相談に応じ、全国にお客様がいる
・赤ちゃんからご高齢の方まで、病名を問わず幅広く相談に応じている。
・家族全員の相談を受けていたり、開局前から20年以上継続して相談を受けているお客様も何人もいる

 

すずらん薬局を開いた理由へ

 

すずらん健康館 薬剤師 三宅まどか プロフィール

私が今の仕事を選んだ理由

私は、中学生の頃、父が水虫に困っているのをみて、水虫の薬を作ってあげたいなぁという思いから薬剤師を目指しました。 実家が木工製造業を営み、長女ということもあり、自然に跡を継ぐことになるだろうと思っていたので、せめて学生の間だけは好きな勉強をしようと思い薬学部を選択しました。
そして、実家を継ぐ時に役立つように製薬会社のMRを志望し、営業を学ぼうと外資系製薬会社に就職しました。 入社した途端、私の置かれる状況が一転し夫と結婚することになり、家業は妹が継ぎ、私は、二人の子供に恵まれました。

長女の幼稚園入園を機に、学んだことを活かそうと思い、元々人と接することが好きだったので、直に患者さまとコミュニケーションがとれる調剤薬局に勤務し、患者さまが笑顔になられ薬局を後にされることがとても嬉しく、やりがいを感じていました。
それから3年後、夫の転勤に伴いハンガリーで暮らすことになりました。 帰国し、暫くして軽い気持ちで人間ドックを受けたところ、子宮頚がんと診断され手術を受けることになりました。そして、相継ぎ大腸ポリープも見つかり切除をしました。
ハンガリーでの生活は日本と環境も違い、特に食生活においては、大きく影響したのではないかと思います。 この経験から、食生活の大切さを感じました。

調剤薬局に復帰してからは、服薬指導の時に、今より健康に過ごしてもらいたいという願いから、毎日の食事での療養や予防を伝えたいと考え、薬膳を勉強し国際中医薬膳師の資格を取得しました。それをきっかけに、東洋医学(中医学)の考え方に興味をもち、国際中医師の資格を引き続き取得しました。 今度は、中医学の知識をどのように臨床の場で活かすのかを学びたいと思い、調剤薬局を退職し、漢方調剤薬局に転職しました。

これらの経験から、東洋医学・西洋医学にこだわらず、身体が楽になれれば、どのような方法でも良いのではないかと考え、すずらん健康館でいろんな方法を提案させていただき、皆さんが心地よく過ごせるお手伝いをできたら、と思っています。

薬剤師プロフィール

すずらん健康館 薬剤師 三宅まどかさん


・武庫川女子大学薬学部卒業
・卒業後、外資系製薬会社にMRとして勤務
・退職し結婚、2人の子供に恵まれる
・長女の幼稚園入園を機に、調剤薬局に勤務
・夫の転勤のため約3年 ハンガリーに暮らす
・帰国後、調剤薬局に復帰し勤務
・服薬指導に活かしたいと思い、薬膳の勉強を始め、国際中医薬膳師の資格を取得
・東洋医学(中医学)の考え方に魅了され、国際中医師の資格を取得
・中医学を臨床的に勉強するため、漢方調剤薬局に転職
・東洋医学、西洋医学にこだわらず、人々が心地よく過ごせる手伝いがしたいと思い、すずらん健康館に勤務

お問い合わせはこちら