病気の種類から探す

不妊症

一覧に戻る

不妊症

晩婚化・ストレス・食事・クーラー・運動不足・環境ホルモンなどの影響による、体の冷えやホルモンバランスの乱れによって、不妊に悩まされるご夫婦や不妊治療をしている方が増えています。

 

ただ、ホルモン剤を使った不妊治療を長く続けると体に負担がかかり、次第におりものや生理血が少なくなってきたり、人によっては卵巣が腫れたり水がたまったりすることがあります。

 

将来、発ガンの確率が高くなることも考えられますし、何よりも長期間の排卵誘発剤やホルモン療法によって体(特に卵巣)が弱ってしまい、その結果かえって妊娠しにくくなってしまいます。

 

こういった副作用を減らし、それと同時に少しでも治療効果を上げる方法をご提案します。

 

すでに一年以上不妊治療を行っているけれども、なかなかうまくいかないという場合は、できれば治療を6ヶ月以上お休みし、副作用のない方法で体を整えられることをお勧めします。
その間に自然妊娠しなければ再び不妊治療(人工授精や体外受精)をなさるのも1つの方法です。

 

私個人の考えでは、一度はご夫婦で病院を受診なさる方が良いと思いますが、特別何も異常が見つからなければ、まずは体に負担のない方法でしばらく様子を見られることをお勧めします。

 

不妊症でお悩みの方に、漢方を中心としたお勧めの方法をご紹介します。
病院の薬とも併用できるので安心です。

 

できれば、舌の苔を取ったりせず1時間以上何も食べたり飲んだりしていない状態で大きく出した舌の写真をメールに添付してお送り下さい。

 

漢方で舌診は大事な診断方法の一つで体の中の状態を判断するのにとても参考になります。

相談お申し込みフォーム

◆基本情報

お名前
ふりがな
年齢
性別
身長 cm
体重 kg
住所

メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
電話番号
※もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
※携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
FAX番号

 

◆問診票

お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

今回ご相談なさりたい病気や症状
今まで何か大きな病気を
なさったことがありますか?

もしある場合は、その病名と時期を教えて下さい。
今あるつらい症状は
いつ頃からですか?
ヶ月前から
何か薬をお飲み(お使い)ですか?
もしもお飲み(お使い)の場合は、薬の名前、もしくは記号や番号、そして飲み方を教えて下さい。
具体的なご相談内容
舌の写真
※できれば、舌の苔を取ったりせず1時間以上何も食べたり飲んだりしていない状態で大きく出した舌の写真をメールに添付してお送り下さい。
漢方で舌診は大事な診断方法の一つで体の中の状態を判断するのにとても参考になります。

このページを閲覧した方は、こちらの商品をチェックしています。

表示するエントリーがありません。

お問い合わせはこちら