病気の種類から探す

皮膚の病気

一覧に戻る

にきび・ふきでもの

にきび・ふきでものは毛穴に脂肪や角質が詰まって炎症をおこしたものです。
根本的な原因は他の慢性的な皮膚病と同様身体の中にあります。
そのためいくら薬を塗ってもなかなか治りません。

 

脂肪、動物性タンパク質(牛乳・ヨーグルト等)、糖分をとりすぎると身体の中に余分な物がたくさんたまり皮膚が荒れたり炎症をおこしたりします。
食べるものには十分気をつけましょう!!

 

ストレス、睡眠不足、便秘も大きな原因になります。
これらも結果として身体の中に余分な物をためてしまうからです。

 

かゆみがある場合は、慢性湿疹の考え方と同じです。

 

にきび・ふきでものでお悩みの方に、漢方を中心としたお勧めの方法をご紹介します。

病院の薬とも併用できるので安心です。

 

できれば、舌の苔を取ったりせず1時間以上何も食べたり飲んだりしていない状態で大きく出した舌の写真をメールに添付してお送り下さい。

 

漢方で舌診は大事な診断方法の一つで体の中の状態を判断するのにとても参考になります。

相談お申し込みフォーム

◆基本情報

お名前
ふりがな
年齢
性別
身長 cm
体重 kg
住所

メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
電話番号
※もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
※携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
FAX番号

 

◆問診票

お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

今回ご相談なさりたい病気や症状
今まで何か大きな病気を
なさったことがありますか?

もしある場合は、その病名と時期を教えて下さい。
今あるつらい症状は
いつ頃からですか?
ヶ月前から
何か薬をお飲み(お使い)ですか?
もしもお飲み(お使い)の場合は、薬の名前、もしくは記号や番号、そして飲み方を教えて下さい。
具体的なご相談内容
舌の写真
※できれば、舌の苔を取ったりせず1時間以上何も食べたり飲んだりしていない状態で大きく出した舌の写真をメールに添付してお送り下さい。
漢方で舌診は大事な診断方法の一つで体の中の状態を判断するのにとても参考になります。

このページを閲覧した方は、こちらの商品をチェックしています。

表示するエントリーがありません。

お問い合わせはこちら